〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
なんの花
なぁ〜んだ?、なんの花だと思います?



ヒント /感カリカリ。

ヒント◆‘いはちょっと強し、カレーのお供が得意。



そうです!あたりです!答えはらっきょう。


  
  
  

  
  


植えつけたまま2年目に収穫したほうが大きくなるらしい、との情報を見た家人は「掘るのは来年!」と言いますので

今年はそのままにすることにしましたが、葉っぱを雑草と一緒に刈られてしまった3株を酢漬けにしました。

一手間を省いたら、それなりの味になってしまったようで失敗した…かな。

                                          〜M〜
| 食べ物 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
「今年は少し億劫だな」、なんて思いつつも落ちてると、つい拾ってしまう栗 栗 栗。

指先の荒れが年々早まってる上に、切り傷をきっかけにもうカサカサが始まった右手の親指。

何か良い方法は無いかしらん、とカットバン テーピングテープを使って見ましたがすぐにボサボサになりダメ。

しかし見つけました!昔の事務仕事に使われていた「指サック」これです。



非常にいい塩梅、楽な姿勢を見つけてなりふり構わず皮はエプロンで受け止め、使い慣れたチビ包丁で。

バンバンザ〜イ!!終わった!



山栗は小さいし面倒だなと思うけれど、味見をすると何処かへすっ飛んで「今年も出来てよかったな」と思います。

指?大丈夫!ホレッ!



イエ〜ィ!やったね。
                  〜M〜




 
| 食べ物 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
びわ
夏に御馳走になった枇杷の種、「実は生れないけれど、葉っぱは使えるよ」と言われ、ブッ ブッと埋めました。

いい匂いがするのか、狸(たぶん)になんどもほっくりかえされダメかと思いつつ水やりだけは続けていたら

なんと!丈夫そうな芽がニョキニョキ。やった!狸に負けなかったんだ!



葉っぱをお茶にして…なんたらかんたら、と聞きましたが、冬を越せてもっと大きくなったら効能を調べてみます。

そして今日栗が落ちてるのを見つけてしまいました、台所に居る時間が長くなるなぁ。



                  〜M〜



 
| 食べ物 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
大成功!緑の壁
雨降りの日が続き日照不足の八月でしたが、畑の野菜達はそれぞれ元気にたくさんの実をつけました。

かんかん照りが好きなトマトは病気になったのもありましたが、青臭さが残る美味しいものになりました。

なかでも見事に成長したのは『ゴーヤ』!です。

  



 去年までは日除けになればとプランターに植えて

 南側の窓下に置いていました。

 レースのカーテンの役目も果たせず、実も大きくて15cmどまり。

 狭い狭い畑なものですから、今年は頼み込んでなんとか地植えの場所を確保!

 そうしたら!ごらんの通り!3メートル近い支柱を駆け上り、

 降りてまた登り始めました。

 幾重にも葉っぱが重なり、掻き分けて実を捜し出したり。

 育て方がヘタなのだと思っていましたが、地に足が着けばちゃんと大きくなれたんですね。

 な〜んだ、そうだったんだ。











 最大級は31cm!、本数も6本までは数えられたのですが…。

 今はもう何本収穫したか分からなくなってしまいました。

 採れ始めのものより香りは弱くなりましたが甘みが増して

 炒めた際に薄っすらとですがとろみを感じます。

 苦味はほとんどありません。

 もっぱらチャンプルーかつくだ煮にして食べます。

 










たっぷりのカツブシとゴマが入ってつくだ煮といっても薄味の炒めもの、の感じ。



この食べ方を教えてくれ方に感謝です、ありがとさまです。
  
                          〜M〜
| 食べ物 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
なんとかアブラ虫の害を逃れた梅、有難く梅ジュースを一本、残りを梅酒に。



15年前は梅酒が一本かゼロ、ほとんどが梅ジュースでしたが今は逆転。
こども達が大人になり呑み助が3人、風呂上りや食事の終わりに呑むタンサン割は別格。
「こってぇらんねぇ!」だそうです。

自分はこっちの方がずっと良い。



樹で熟した果物は濃い味がして本当に美味い!
家人はサクランボを食べると、実家のサクランボの樹(お父さんが栽培していたそうです)に登って食べた話しをかならずします。
聞いてる私は、ヒョロッと痩せた子供が樹の上で嬉しそうに食べては種をプッと跳ばしている姿を想像しています。

                                        〜M〜



 
| 食べ物 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
バンズ
9割の確率で我が家の夕飯はご飯と味噌汁、たま〜にピザやお好み焼きなんかになることはあってもパンはありえない。

思い返してみても、多分食べた事は無いかもしれない。それもハンバーガーだなんて!やはり無かったはず。

しかし、今夜はハンバーガー!



薄く小さいハンバーグを焼いて、レタスをちぎって、人参の千切り炒めと芋サラダを用意、粒マスタードで隠し味ソースを作って準備OK!

そこへ「バンズ焼きます」ときた!丸型食パンがバンズになるんだ!そうですハンバーガーにならなくちゃだもんね。



根菜スープとビールに、きゅうりの粕漬け(ピクルスの代わり?)と冷奴も同席。

チラリ横目で見た家人の反応もまずまず、隠し味ソースのお手柄が大きかったようでした。

                                      〜M〜
 
| 食べ物 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
レモン
はるばるご実家から送られて来たという貴重な「レモン」を頂きました。



香りがとても良く、果汁だけ使うのは勿体無いのでジャムにすることに。

作り方は甘夏のマーマレードと同じにしました。

 
 刻んだ皮を、揉み洗いしては水を変えを数回繰り返し

 ギュッと絞って、小袋から出した果肉と馴染むように

 少し置いときます。

 ヒタヒタの水を加え好みの柔らかさになるよう煮ます。

 あとは適当に砂糖を入れながら少し煮詰めておしまいです。






 爽やかなとても良い香り!です。

 柑橘系の樹が地植えで育つのは羨ましいと思います。

 風に乗った花の匂いをかいでみたいし、

 濃い緑の葉っぱに黄色はきれいだろうなぁ。

 南の人はきっとりんごの花と紅い実に同じような

 思いがあるかもしれませんね。

 楽しみが一つ増えました、どうもありがとう。



レモンと言えば、先日フラッと寄った近くの雑貨屋さんで見つけたクッキーもレモン味。

こんなカタチのクッキーが



こんなパッケージの箱に入って



レジの右横の棚にありました。

滲み出る人柄が伝わるブログとお店、ココチ良いその雑貨屋さんはこちらです。

こども達が小さな頃読んでた本で「エルマーの…」と、こどもの友でやはり翼のある薄紫色の竜が登場する絵本があったなぁ。        
「なつかしいな」と思いながらのコーヒータイム。もちろん!美味しかったですよ。

                                                〜M〜
| 食べ物 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
メンチカツと春

初冬から大根、玉葱、じゃがいも、人参、ごぼう、里芋、大根っ葉、白菜にキャベツなど冬越しの野菜を食べ続けてた訳ですが

首巻きを外したくなる今頃になると、生の葉っぱが食べたい気持ちがむくむくしてきます。

そこで、隣り町の野菜無人販売所でグリーンのレースのようなレタスを手に入れてきました。

新鮮でスーパーの倍ほどの量がみちっと袋に詰めてあります。

一度で食べ切れないレタスと夕食のメンチカツが朝のパン皿の上で美味そうに変身。



「まだかいな、もういいかいな」と待ちきれなく、今にも動き出しそうな手。

ペロリとアッ!という間に食べ終わり、一言「うまい!でも薄く作ったメンチカツだと尚いいよ」と。

そうなんですよ、わたしの手は薄く小さく作るのがとても苦手。大きくて厚い自分の手のような出来上がりになってしまうんです。


 渡り鳥がいよいよ活発に動き出し、田んぼで落ち穂を懸命についばんでる姿をあちこちで見かけます。

白鳥は車の往来が激しい道路に近い田んぼでも平気のようで、

こっちがスピードを落としたり止まったりすると長い首を伸ばしてキョロキョロしたりするものの「大丈夫だぁ」、と判断してるようです。

が車から降りた人間には「危ないよ」と言わんばかりに距離をとります。

天気と相談し、一斉に北へ向かうのでしょう。

                                                   〜M〜
| 食べ物 | 10:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
おでん
 冬の茶色、ナンバーワンはやっぱりこれ!『おでん』でしょ!



最後のはんぺんを入れた直後、まだはんぺんに味がしみてませんです。





  家人だけの好物と思っていましたが

  日本酒に合うとかなんとか言いだす人有りで
  今季三度目のおでんです。












  これはおでんを作ると生まれる副産物。

  大根皮のきんぴらです。

  大根を使うと出る皮、これ好いですよ。

  歯ごたえを残し少しピリ辛に。

  細〜い拍子木に切るのがちょっとしたこだわりであります。




  もう一つはおまけの薄っ茶色、浸し豆と言ったかな?
  大豆の煮浸しですかね。

  初めて食べましたが、豆好きには支持されそうな味。

  


味噌、醤油を使うことが多いので当然茶色の登場が増える冬の食卓、旨い茶色は塩分要注意!

                                                    〜M〜
| 食べ物 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
茶色は旨し!
うまい茶色 その1

原木しいたけを栽培するプロの方から頂いた丸々と膨らんだ椎茸、包丁を入れるとぷつりと音がするほど厚くて締まった傘。

  




湯豆腐、しいたけステーキ、焼き肉(とは名ばかりでほぼ野菜だらけです)、煮物、と食べ尽くしました。

とくに煮物は薄味に作り一日置いて味が馴染んだのがうまかった!


茶色の2

餅米を砂糖と醤油で味を付け蒸したら、バットに押しひろげ、重しをして冷まします。

  




  なるべく小さく切るよう心掛けるのですが

  なかなか切り難いです。

  重しを乗せる前にクルミとゴマを
  振り掛けるのでクルミ餅と呼んでいます。

  とくに力仕事の時は重宝するおやつです。




茶色の3

長男坊が友人から頂いたお土産、我々もお相伴になりました。



「なかなか渋いお土産だねぇ」、なんて言いながら内壁の作業をしながらご馳走になりました。

特に缶の模様を見た途端、「小さい頃見たことがある、やはり誰かのお土産だったのかなぁ」

と懐かしそうに呟いていた家人、ニッキの味は覚えてたらしいです。

黄色の缶にはニッキ味、赤い缶には赤と黄の透明な美味しい飴が入っていました。 

                                                  〜M〜

| 食べ物 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール