〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
コーヒーの焙煎の器具 その3

その2で紹介した手網式の器具をしばらく使っていたものの

焙煎が進むにつれ軽くなるとはいえ、水洗いした生豆は重く大変なものでした。

できれば早く焙煎を終わらせたいという気持ちで、ガスコンロの熱さに耐え振り続けるのですが

裏ごし器を改造した焙煎機はメッシュが細かく中の様子が見えにくいため火から離して、「まだか、まだか」と

何回も見るのですが、これがいけない。見るたびに火から離すので熱量が足りず時間のロスになり

焙煎の目安にしているハゼの音(豆が弾ける音)も時間どりに来ず焙煎時間が長くなってしまうという悪循環。

※でも裏ごし器のメッシュはチャフ(豆の薄皮)が飛び散りにくいメリットもあります。

考えた結果ドラム式の焙煎器は高くて買うことは出来ませんが、作ることなら出来そうだと思い色々思案し、

焙煎を教えていただいた辻永さんに相談しましたが、ドラム式は確かにムラが起きにくいかもしれないが

焙煎器の高さを調節して火力の加減をとることができないから、コンロの火力で強弱つけるしかないとの助言。

行き着く先はドラムを覆い煙突を付けてダンパーも付けてとプロの方が使うような大掛かりな仕様になってしまうので断念。

そこで少し改め、手網式(手で振る方法)とドラム式(固定させ回転させる方法)の中間を取ればいいのではと考え、計画していくのでした。

固定せず片手で焙煎器を持ち、もう片手で回転させる!コンパクトで楽して簡単キレイ!とまさに「良いとこどり」

そんな焙煎器は見かけたことは無かったのですが、とりあえず作ってみようと資料も無いまま進行。

市販のドラム式と手網式の焙煎量とボディの体積を調べ、ホームセンターやスーパーマーケットを回り

ザルや裏ごし器、ボルトなど必要な部品のサイズを調べ計画を練りました。

1日ではとても出来ず、時間が空いたときに少しずつ作っていきました。。



これが出来た「回転式手網焙煎器」←一応名前をつけました。

今もこの焙煎器を使って焙煎しています。

次回この焙煎器の仕組みについて書きたいと思います。

                                    〜Y〜


| 趣味 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コーヒーの焙煎の器具 その2

最初に作ってみた焙煎器を紹介します。

この焙煎器は辻永さんの器具を参考にしました。

器具は手網部分(カゴとハンドルが一体となった)と蓋の2つのパーツでできています。

市販の器具は蓋が平らですが、辻永さんの器具の蓋はドーム状に工夫されており

焙煎時、コンロの上で振る際に中に入った豆が踊りやすいようになっています。つまり煎りムラが起きにくくなるようです。

踊るとは、プロの方が中華なべでチャーハンを作っているような画を想像してください。

コーヒー豆は生豆の状態から焙煎した状態へは、重さは軽く、体積は大きくなります。

そのことも考慮し辻永さんと同じく豆が踊るように、手網部分と同じような形状で蓋にも膨らみが必要だと感じました。


私が初めて作った焙煎器。

100円均一で買ってきた直径20cm高さ4.5cm裏ごし器を2つ合わせボディと蓋にし、ボディにL字の金具で木の柄をつけ

側面に虫捕り網のようにグルリと補強の太い針金を巻きました。

蓋の止め具はL字の金具を蓋側につけ、柄から飛び出たボルトに蝶ネジで固定する仕組みです。

開け閉めは面倒ですが焙煎時(振っている最中)に、豆が飛び出すと大変なので…

針金など既にあった部材もあり、掛かった費用は大体600円ほど、失敗のリスクを考えて切り詰めました。

この大きさにしたのは前に書いたようにコーヒーを飲む量が多いため、欲張りこの大きさになりました。

最大300gほど焙煎できますが15分間300gの豆と490gの焙煎器を振り続けるのはさすがに辛く

毎回200gの豆を汗をかきながら焙煎していました。

しっかり振らないとムラのある焙煎になってしまいます、でも!できれば大量に焙煎したいという欲張りな考えが…

その3に続く

                                                        〜Y〜





| 趣味 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
コーヒーの焙煎の器具 その1
以前紹介した自分の趣味の一つになったコーヒー焙煎に使う焙煎器について紹介したいと思います。

自分に焙煎を教えてくださった方は色んな焙煎器を自作し、試行され自分に合った焙煎方法を行なっているように感じました。

・教えてくださった辻永さんのページは「こちら」。
・辻永さんのページ内のコーヒーについては「こちら」。

ネットで調べてみますと主に焙煎方法は手網式と言うのか、銀杏煎り器や、市販されている手網焙煎器が一般的なようです。
焙煎量は100g〜200g価格は大体3,000円前後。

高価な焙煎器もあり、これはドラム式で円柱状や、四角柱状になっており、
五徳についた腕のような部分にドラムを乗せガスバナーなどの熱源から一定の距離を保ったまま
ドラムに接続されたハンドルを回転させ焙煎します。簡単に説明しますとクジのガラガラのような形態。
焙煎量は150g〜400g価格は1万円から4万円。

さらにドラムにモータを付けた電動式のものや、エントツとダンパーがついたプロ用かな?と思わせるような、かなり高価なものもありました。


辻永さんからお借りした手網式の焙煎器を使い、ネットで調べ思ったことは、

自分の家でのコーヒーの飲み方について考えさせられました。

というのは、家では午前と午後に大きなマグカップで3人がコーヒーを飲むのです。

近所の量販店で買ったコーヒーがメインですが、手網式の焙煎器では生豆で200gが限度。

200gの豆は焙煎すると160gほどになります、これでは焙煎してもすぐ無くなってしまいます。

自分の条件は
・400g程の焙煎量
・均一な焙煎(煎りむらが少ない)
・器具はとにかく安く

そこでドラム式のを自作しようと思いましたが、金属板やら部品を揃えようとすると1万円をオーバーしそうです…

ドラムの径や長さ、中の羽の幅など計算せれた構造ではないかと考え、

またドラム式はドラム部分を上下できないため火力の調整はコンロで調整することになり

焙煎の工夫できる範囲が狭くなるので焙煎の面白みが少なくなるとの助言もありました。

自作でなので予算と失敗のリスクを考えやめることになり、自作のドラム器はボツに。


自分で焙煎器を作ったのであれば工夫や試行など楽しめる余地がある焙煎器を作ろうと思いましたが

すでに市販の焙煎器のタイプで頭がいっぱいになってしまいどうしたら良いか分からず悶々とした期間がありました。

文章だけになってしまいましたが次回は画像載せます。その2へ続く

                                                         〜Y〜



| 趣味 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コーヒーの焙煎と新カテゴリ
「趣味」というカテゴリを追加しました。

今まで制作、食べ物、自然などありましたが、もう少し個性が伝わるといいかな?と思い追加した次第です。 


肝心の内容はこれからポツポツ載せていこうと思いますが、

今回はコーヒー焙煎について書きます。

焙煎は趣味として月日は浅く、知人の方が趣味で生豆を購入し自家焙煎をやっており、その焙煎したコーヒーを頂いたのがきっかけです。

自分もやってみたいと相談し、焙煎するための知人が作った焙煎器をお借りしてやってみたのが今年の3月頃です。

大掛かりな道具ではなく銀杏煎り器のような道具を使いガスコンロで行ないますが、

初めて焙煎した時は上手く(美味く)いかず30分経ってもコーヒーになりませんでした。
※本来は焙煎する量によりますが10分〜15分ほどかかります。

お借りしていた焙煎器を返し、自分でも似たような煎り器を作り5月頃にはだんだん飲めるコーヒーに近づき、

今では失敗(冒険)はせず安定的に焙煎できるようになりました。


焙煎の様子を少し紹介↓



生豆(400g)の状態、コーヒーの香りはせず青臭い香り、一般的に臭いと感じるかもしれません。

この状態で選別をします、虫食いやカビ、奇形などの豆を取り除きます。

選別後、玉ねぎが入っているネットの袋に入れ水洗いし、薄皮やホコリなどを洗い流します。

教わったやり方では、洗った後もう一度選別するようですが自分は面倒で(1回目で頑張って選別したので)やりません。
※一度洗うと駄目な豆が見つけやすくなりコーヒーの味が良くなるようです。



洗った生豆を焙煎器に入れ加熱、水洗いの水分を飛ばし進行。

この焙煎器は自分が作った2号機、「回転式手編焙煎器」

チャフ(薄皮)がたくさん飛び、ガスコンロの周りはチャフにまみれます。

※コーヒーの産地によってチャフの量が違うこともあります。

加熱から約15分ほどで終了しますが、開始12分ごろからハゼ(1ハゼ)と呼ばれるパチパチという弾ける音がし、

その2分後に2回目のハゼ(2ハゼ)がきます、この時の音はプチプチという篭った音。

この2ハゼの始まりが自分の加熱終了の目安。




加熱を終えザルにあけます。すごく熱いです。

ザルにあけてもプチプチとハゼは続くため、焙煎が進まないように冷まします。



ドライヤーの送風でシャカシャカ振って冷まします。

生豆は400gでしたが焙煎すると320gほどになり、だいたい2割軽くなるようですが

体積は膨らみます、極端な話しポップコーンみたいにはじけて膨らむワケです。



手で触れる温度になったらチラシの上でさらに冷ましつつ、おかしな豆(欠け豆など取り除き完成。

ほとんど教えて頂いた知人の受け売りですがこのような工程で出来上がります。

焙煎したコーヒーは焙煎後2日程から飲み頃になります。


文章が下手でうまく説明できずすみません。

今度は焙煎器を紹介します。

                                                    〜Y〜



| 趣味 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール