〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< パンケーキ | メイン | コーヒーの焙煎と新カテゴリ >>
番傘

昔ながらの雑貨屋があると聞き、そそくさと出かけてみました。

特段目的も無く行ったので、どうしようかな?と思いながらふと見上げると番傘が一本ぶらさがってるではありませんか。

売れ残っていたらしく油紙が変色してるからと随分オマケしてくれました、新古傘とでも言いましょうか。



竹の骨が46本等間隔にきれいに並んでいます。



傘開時のストッパーになる金具とか、大きい骨を支える内側の短い骨がどんな仕組みになっていのか分解して見たい気もします。

乾いてる傘に降り始めの雨が当たると、パランパランとかポツンポツンとか弾かれたような音がしてたのが懐かしく思い出されました。

我々が子供の頃は鍋の鋳掛屋やこうもり傘の修理をする人が来たものですが、家人の実家では番傘を修理する人も来ていたそうです。

                                               〜M〜



| 諸々 | 22:12 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
素さんらしいなぁ
| たっく | 2013/08/07 9:49 PM |
そう?
雨 アラレがとても良い音で降ってくるんだよ、聞かせたいなぁ。
トンガリが多い洋傘には弱く、雑踏で傘どうしがぶつかると穴が開いた事もありましたっけ。

| おばちゃ〜ん | 2013/08/08 8:27 AM |
 もしかして・・・あのお店??

 収穫があってなによりです。

 雨の日が楽しくなりそうですね。 よかった!!
| オリーブ | 2013/08/09 9:03 AM |
そう!・・・そのお店です。

涼しくなったらもう一度行って見ようっと!

ありがとさん。





| sanongama〜M〜 | 2013/08/09 5:05 PM |
お久しぶり。
元気そうで何よりです。
昨日は大雨でしたが、大丈夫だったようですね。不幸中の幸?
被害は県北や仙北市のみですか?
番傘とは懐がしんしな。
構造はわだしもバラしたことがねえもんでしらねども、風情があってええんしな。
未だ、ええ情報があれば書いでたんせ。
三温釜でこんたなurlを維持しているとは知らねがったから
音沙汰無しで不調法したんし。
忠晴
| nishinenotad3 | 2013/08/10 1:22 PM |
わざわざありがとうございます。
温暖化で気象現象が年々激しくなっているように思えます。
被害は報道されてるように北秋田市と仙北市が深刻です。

番傘は今では珍しくなりました。
小さい頃新しく買って貰った番傘を開いた時の音と油の匂い
そして古傘の骨と小竹を用いて二子玉鉄砲をよく作って遊んだことも懐かしく思い出されます。
使い終わると全て土に還るのが良いところです。

| sanongama〜H〜 | 2013/08/10 10:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/329
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール