〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< 雨 | メイン | コーヒーの焙煎の器具 その2 >>
コーヒーの焙煎の器具 その1
以前紹介した自分の趣味の一つになったコーヒー焙煎に使う焙煎器について紹介したいと思います。

自分に焙煎を教えてくださった方は色んな焙煎器を自作し、試行され自分に合った焙煎方法を行なっているように感じました。

・教えてくださった辻永さんのページは「こちら」。
・辻永さんのページ内のコーヒーについては「こちら」。

ネットで調べてみますと主に焙煎方法は手網式と言うのか、銀杏煎り器や、市販されている手網焙煎器が一般的なようです。
焙煎量は100g〜200g価格は大体3,000円前後。

高価な焙煎器もあり、これはドラム式で円柱状や、四角柱状になっており、
五徳についた腕のような部分にドラムを乗せガスバナーなどの熱源から一定の距離を保ったまま
ドラムに接続されたハンドルを回転させ焙煎します。簡単に説明しますとクジのガラガラのような形態。
焙煎量は150g〜400g価格は1万円から4万円。

さらにドラムにモータを付けた電動式のものや、エントツとダンパーがついたプロ用かな?と思わせるような、かなり高価なものもありました。


辻永さんからお借りした手網式の焙煎器を使い、ネットで調べ思ったことは、

自分の家でのコーヒーの飲み方について考えさせられました。

というのは、家では午前と午後に大きなマグカップで3人がコーヒーを飲むのです。

近所の量販店で買ったコーヒーがメインですが、手網式の焙煎器では生豆で200gが限度。

200gの豆は焙煎すると160gほどになります、これでは焙煎してもすぐ無くなってしまいます。

自分の条件は
・400g程の焙煎量
・均一な焙煎(煎りむらが少ない)
・器具はとにかく安く

そこでドラム式のを自作しようと思いましたが、金属板やら部品を揃えようとすると1万円をオーバーしそうです…

ドラムの径や長さ、中の羽の幅など計算せれた構造ではないかと考え、

またドラム式はドラム部分を上下できないため火力の調整はコンロで調整することになり

焙煎の工夫できる範囲が狭くなるので焙煎の面白みが少なくなるとの助言もありました。

自作でなので予算と失敗のリスクを考えやめることになり、自作のドラム器はボツに。


自分で焙煎器を作ったのであれば工夫や試行など楽しめる余地がある焙煎器を作ろうと思いましたが

すでに市販の焙煎器のタイプで頭がいっぱいになってしまいどうしたら良いか分からず悶々とした期間がありました。

文章だけになってしまいましたが次回は画像載せます。その2へ続く

                                                         〜Y〜



| 趣味 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/336
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール