〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< 秋海棠 | メイン | 観察 >>
コーヒーの焙煎の器具 その3

その2で紹介した手網式の器具をしばらく使っていたものの

焙煎が進むにつれ軽くなるとはいえ、水洗いした生豆は重く大変なものでした。

できれば早く焙煎を終わらせたいという気持ちで、ガスコンロの熱さに耐え振り続けるのですが

裏ごし器を改造した焙煎機はメッシュが細かく中の様子が見えにくいため火から離して、「まだか、まだか」と

何回も見るのですが、これがいけない。見るたびに火から離すので熱量が足りず時間のロスになり

焙煎の目安にしているハゼの音(豆が弾ける音)も時間どりに来ず焙煎時間が長くなってしまうという悪循環。

※でも裏ごし器のメッシュはチャフ(豆の薄皮)が飛び散りにくいメリットもあります。

考えた結果ドラム式の焙煎器は高くて買うことは出来ませんが、作ることなら出来そうだと思い色々思案し、

焙煎を教えていただいた辻永さんに相談しましたが、ドラム式は確かにムラが起きにくいかもしれないが

焙煎器の高さを調節して火力の加減をとることができないから、コンロの火力で強弱つけるしかないとの助言。

行き着く先はドラムを覆い煙突を付けてダンパーも付けてとプロの方が使うような大掛かりな仕様になってしまうので断念。

そこで少し改め、手網式(手で振る方法)とドラム式(固定させ回転させる方法)の中間を取ればいいのではと考え、計画していくのでした。

固定せず片手で焙煎器を持ち、もう片手で回転させる!コンパクトで楽して簡単キレイ!とまさに「良いとこどり」

そんな焙煎器は見かけたことは無かったのですが、とりあえず作ってみようと資料も無いまま進行。

市販のドラム式と手網式の焙煎量とボディの体積を調べ、ホームセンターやスーパーマーケットを回り

ザルや裏ごし器、ボルトなど必要な部品のサイズを調べ計画を練りました。

1日ではとても出来ず、時間が空いたときに少しずつ作っていきました。。



これが出来た「回転式手網焙煎器」←一応名前をつけました。

今もこの焙煎器を使って焙煎しています。

次回この焙煎器の仕組みについて書きたいと思います。

                                    〜Y〜


| 趣味 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/339
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール