〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< エントツ掃除 | メイン | 石膏 型作り1 >>
茶色は旨し!
うまい茶色 その1

原木しいたけを栽培するプロの方から頂いた丸々と膨らんだ椎茸、包丁を入れるとぷつりと音がするほど厚くて締まった傘。

  




湯豆腐、しいたけステーキ、焼き肉(とは名ばかりでほぼ野菜だらけです)、煮物、と食べ尽くしました。

とくに煮物は薄味に作り一日置いて味が馴染んだのがうまかった!


茶色の2

餅米を砂糖と醤油で味を付け蒸したら、バットに押しひろげ、重しをして冷まします。

  




  なるべく小さく切るよう心掛けるのですが

  なかなか切り難いです。

  重しを乗せる前にクルミとゴマを
  振り掛けるのでクルミ餅と呼んでいます。

  とくに力仕事の時は重宝するおやつです。




茶色の3

長男坊が友人から頂いたお土産、我々もお相伴になりました。



「なかなか渋いお土産だねぇ」、なんて言いながら内壁の作業をしながらご馳走になりました。

特に缶の模様を見た途端、「小さい頃見たことがある、やはり誰かのお土産だったのかなぁ」

と懐かしそうに呟いていた家人、ニッキの味は覚えてたらしいです。

黄色の缶にはニッキ味、赤い缶には赤と黄の透明な美味しい飴が入っていました。 

                                                  〜M〜

| 食べ物 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/388
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール