〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< 型皿 | メイン | こぶし >>
メンチカツと春

初冬から大根、玉葱、じゃがいも、人参、ごぼう、里芋、大根っ葉、白菜にキャベツなど冬越しの野菜を食べ続けてた訳ですが

首巻きを外したくなる今頃になると、生の葉っぱが食べたい気持ちがむくむくしてきます。

そこで、隣り町の野菜無人販売所でグリーンのレースのようなレタスを手に入れてきました。

新鮮でスーパーの倍ほどの量がみちっと袋に詰めてあります。

一度で食べ切れないレタスと夕食のメンチカツが朝のパン皿の上で美味そうに変身。



「まだかいな、もういいかいな」と待ちきれなく、今にも動き出しそうな手。

ペロリとアッ!という間に食べ終わり、一言「うまい!でも薄く作ったメンチカツだと尚いいよ」と。

そうなんですよ、わたしの手は薄く小さく作るのがとても苦手。大きくて厚い自分の手のような出来上がりになってしまうんです。


 渡り鳥がいよいよ活発に動き出し、田んぼで落ち穂を懸命についばんでる姿をあちこちで見かけます。

白鳥は車の往来が激しい道路に近い田んぼでも平気のようで、

こっちがスピードを落としたり止まったりすると長い首を伸ばしてキョロキョロしたりするものの「大丈夫だぁ」、と判断してるようです。

が車から降りた人間には「危ないよ」と言わんばかりに距離をとります。

天気と相談し、一斉に北へ向かうのでしょう。

                                                   〜M〜
| 食べ物 | 10:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント

 おはようございます。

 ブログの更新がなかったので心配しておりました。

 でも見て安心しました(笑) よかった!!

 ようやく春ですね。 ルンルンして伺います。
| オリーブ | 2014/03/26 8:50 AM |
こんにちは。

どうもありがとう、元気は元気なんです。

ただね、パソコンの頭が新しくなったのですがどうもわたしの頭は古いままでして。

なんだか訳わからんことが多すぎてちょっと慣れないと…ですね。

暖かい日が続いて嬉しいですね、時間を作ってどうぞお寄りください。
| ~M~ | 2014/03/27 3:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/394
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール