〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< メタセコイヤの樹の上から | メイン | レモン >>
嬉しい葉書
もう五月も半ば、ほったらかしにしてる畑の草は伸び放題、

木々の葉っぱは朝夕で「大きさが違う!」と思うほどの速度で成長中。赤ん坊色から清々しい爽やか緑へどんどん変わっていきます。

そしてまだストーブを取り外していないのに、次の冬に備えて薪の準備に取り掛かっています。

「明日はこうして、あれをやって」とか夕飯時に話して「じゃ、明日は…」なんて多少は計画を立ててもいつも3分の1ぐらいづつ残っていく毎日。


そんなアタフタしてる今日、嬉しい葉書がポストに入っていました。



先日の工房展に来て下さった方からの葉書、器の活躍っぷりを絵に書いて。

楽しんで使って下さっているのが伝わってくるのが嬉しいです。

三温窯の名前の由来を思い、器で繋がってるのが嬉しいです。ありがとうございます。

                                 〜M〜
| 諸々 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/406
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール