〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< 茗荷 | メイン | 大成功!緑の壁 >>
8月31日
朝の雨が嘘のように青空が広がった午後。





日差しは強いけれど、風爽やか。雲の形はぐんぐん変わっていきます。

あっちから見たらもっとよく見えるとか、こっちの屋根だと尚いいかもとか、ウロウロしたりもしてます。

ですが、ちゃんと仕事もしています。



パン皿の制作中、一枚作るのに必要なだけの土を一個づつ壺板にのせ一枚づつロクロで引いて作ります。

水引き直後は直径25cm、素焼き後で22.5cm、本焼き後で21cmの仕上がり。

径、深さ、花入れの口、カップのハンドル、どれもこれも全て2割弱縮みます。

出来上がりを想像し、逆算して大きく作るのですがこれがなかなか手ごわい時もあり、「あら!」となる時もたま〜にあります。

                                      〜M〜
 
| 自然 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/421
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール