〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< 山田 勘太さんの椀 | メイン | 始まった冬仕度 >>
「今年は少し億劫だな」、なんて思いつつも落ちてると、つい拾ってしまう栗 栗 栗。

指先の荒れが年々早まってる上に、切り傷をきっかけにもうカサカサが始まった右手の親指。

何か良い方法は無いかしらん、とカットバン テーピングテープを使って見ましたがすぐにボサボサになりダメ。

しかし見つけました!昔の事務仕事に使われていた「指サック」これです。



非常にいい塩梅、楽な姿勢を見つけてなりふり構わず皮はエプロンで受け止め、使い慣れたチビ包丁で。

バンバンザ〜イ!!終わった!



山栗は小さいし面倒だなと思うけれど、味見をすると何処かへすっ飛んで「今年も出来てよかったな」と思います。

指?大丈夫!ホレッ!



イエ〜ィ!やったね。
                  〜M〜




 
| 食べ物 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/427
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール