〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< 秋 | メイン | いちじく >>
始まった冬仕度
九月中旬、最低気温が20度を割るようになった頃には申し合わせたように燕の姿を見かけなくなり

それからはどんどん朝夕の気温が下がり始め、十月に入ったら10度を下回ることも珍しく無くなりました。

天気の良い日が続くうちにストーブの設置を是非!にとお願いしましたら、

「今年はちょいとストーブのお手入れ」をしてからということに。確かに天盤はサビが食い込んで夏みかんの皮状態。

ワイヤーブラシをゴシゴシ掛け、耐熱スプレーで化粧直し。



見違えるほど美男子に!

12年目になりますが、新たな気持ちで大事に使わせて頂きます。

                               〜M〜
| 諸々 | 16:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
お手入れされたストーブ、本日、ご自宅のリビングの窓からチラリと拝見いたしました!とっても素敵な工房、窯、ご自宅ですね。初めて五城目の街を訪れましたが、とっても好きになりました!今度は娘と伺いますね^_^
小岩井で購入したスープ用の器は、シリアルやヨーグルトを食べる時にも使っていて、毎日大活躍です!
| みー | 2014/10/12 8:52 PM |
こんにちは、みーさん。コメントありがとうございます。

先日は遠くからお出で下さり、ありがとうございました。
暑くもなく、寒くもなく、丁度良い季節も
上空を飛ぶ白鳥の渡りの声に、季節の移ろいを感ぜずにはいられません。

テーブルに載る機会が増えれば、器も喜んでると思います。
使う方に寄り添えるようにと、念じております。

お嬢さんに宜しくお伝え下さいませ。



| sanongama | 2014/10/16 10:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/428
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール