〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< 始まった冬仕度 | メイン | 西高東低 >>
いちじく
初めて食べられそうな実を3個だけつけたいちじく。どうなったら食べていいのかとても気になっています。

なんせ3個だから、出来れば「美味いなぁ、丁度いいなぁ」と食べてみたいし。

「明日の朝、取ってみようか」、なんて言っててカラスに先を越されるのもいやだし。

こんな感じなのですけれど…、どうでしょうか。

  





右のは食べ頃かも、でも明日のほうがいいのかな。…なんて、のほほんとしてるのは自分だけでして



納期が今月末の汲出し茶碗を作っている最中です。

時間の余裕は少ないですから、作り慣れた形とは言え緊張して作ってるのが伝わってきます。

                                   〜M〜

 
| 諸々 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/429
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール