〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< みっかカフェ | メイン | kakapo企画 >>
みっかカフェを終えて

おかげ様にて無事終了し、秋田へ戻ってまいりました。

ハローウィンの時期と重なってたらしく、繁華街に近い駅ではちょっと変わった服装?仮装?の方にも遭遇。

田舎のねずみにはなかなか刺激的な三日間でした。

 

一日多く日程を取り、どうしても見たかった「竹の展示」。

ある方のブログで見かけ、九州での展示と諦めていましたがよくよく読みましたら場所は東京のギャラリーではありませんか。

オープン日時もピッタリ、「この機会を逃しては…」、と勇んで行ったものの道に迷いやっとこさっとこ辿りつきました。

 

玄関を入った瞬間、途中で諦めず見つけられて本当によかったと思いました。

 

 

竹のしなやかさ、力強さ、美しかったです。

日常の道具として作られ、使われ、壊れると修理されて。

 

本題の「みっかカフェ」、毎日真面目に会場へ行っていたにも関わらず前回に続いて写真がありません。

気が付いたのが後片付けを全部終わり、打ち上げのテーブルについた時。

「あ〜ぁ」です、カメラの存在をすっかり忘れ切ってました。

スタッフの方々にはすっかりお世話になり、美味しいお昼もご馳走になり、ありがとうございます。

そして遠くからお出で下さった方、小さい赤ちゃんを連れてるのにお出で下さった方、本当にありがとうございました。

 

非日常の四日間、嬉しく楽しい、感謝、感謝の連続でした。

あわよくばまたこんな機会に恵まれますように。

                                  〜M〜

 

| 諸々 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/518
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール