〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< 仕事初め | メイン | 今日の制作 >>
新年から今日まで。

またまたご無沙汰しています。

 

簡単ですが新年からこれまでの経緯を・・・

 

新年早々制作していたのは登窯に向けての制作でした。

登窯で制作したいものがあったのですが去年の秋に焼く予定がこの状態に・・・
兎にも角にも無事に1月中に焚き上げることができまた、大きな納品がありましたがこれも無事にできました。
寒い時期の窯は大変な部分がありますが、暖冬のおかげで助かりました。
窯焚きと納品は1月中に区切りがついたのを機に、2月の初めにペチカの試運転に向け煙突の取り付けを。
ペチカとはロシアの暖房システムで大まかに言うと炉(ストーブ部分)と煙道から成り、煙道は一見レンガの壁のようですが
レンガ作りの壁の中に煙道が蛇行するように作られ、炉から出た熱がレンガに蓄熱された後、外の煙突へと排気されます。
つまり炉とこの蓄熱されたレンガの壁(煙道)が発熱する仕組みです。
レンガの煙道部分は1年前に作ってありましたが煙突と炉ができておらず、いつもの薪ストーブで暖をとっていました。
使い心地を確かめておきたく試運転のため、外への煙突の取り付けに取りかかったわけです。
現在はこんな様子です。
炉の部分はこれまで使っていた薪ストーブを接続しています。
やはり一度冬に使ってみてよかったと思います、改善点があり次の冬に向けて改良していきたいです。
ペチカの制作についてはそのうち改めて書こうかと。
そして先週、金・土曜と東京に行ってました、
仕事の打ち合わせと友人がててて見本市に出展するとのことで応援するためでした。
クラフト市とは違い会場での販売ではなく作られた品を見て商談を進める形のイベント。
やりかたは違えど品物の見せ方がとても参考になりました。
今年は忙しくなりそうです、すでに10月まで予定が決まりつつあり全速力で駆け抜けるような1年になりそうです。
| お知らせ | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/583
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール