〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
<< 山田勘太展に | メイン | 燭台の制作 >>
片口

先月に制作していた片口。

湯冷ましの大・中、そして筒片口、

どちらもロクロで挽き、

指でチョイと口を付け、

手になじむように変形させて作ります。

ロクロで挽いていた時と比べ、目の錯覚で深さや径が違って見えます。

 

錯覚ついでに

丁度片口を制作してきたときに来た友人が

筒片口を見てペンギンの様だと言い

制作時に同じ方向に口を向け並べていきますが

私はいつもコウテイペンギンなど大型のペンギンに見えていました。
 

 

同じように思う人がいることに驚きと嬉しさです。

後日ネットでペンギンの画像を見ましたが思っていたほど

似ておらずガッカリ。

膨れたお腹と口がそう錯覚させるのかな・・・

| 制作 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sanongama.main.jp/trackback/592
トラックバック
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール