〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
暴風雪
すっかり冬に。

ここ数日の暖かさで随分雪が消えました。

大潟村や男鹿、天王から来られたお客さんは口々に「五城目は雪が多い」と。

確かに1月の末に男鹿に行ったときや数日前に天王に行ったときの雪の少なさには驚きました。

沿岸と違い五城目が山際にあるので積雪量が違うのだと思います。

ですが昨日からの吹雪はどこもかしくも荒れ模様のよう。

不用意な外出は避け家にこもってお仕事。



昨日だけと思っていた吹雪は朝起きたら「今日もか・・・」とため息。



向かいの林、木々の側面に雪が付いています。



昨日雪かきをサボったので気合を入れて雪かきするも雪が降り続きます。

家の壁も雪だらけ。

毎年建国記念日のあたりはこんな天気の気がしますが気のせいでしょうか。

                                 〜Y〜
 
| 自然 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
大雪
日中も、もさもさと降る雪。昼ごはんを食べながら「日中にこんな雪の降り方は珍しいような気もする・・・」と話してたのですが

夕方近くにひょっこり寄られたSさんも同じような事を言うので、ちょっと嬉しいような不思議なような。





柿の写真は昼頃、エントツの写真は日暮れ頃。

雪が降った為か日没過ぎても少し明るさが残ってるね、と言いながらSさんは帰られました。


なんとなく喉の調子が悪く晩酌を控えていた二人でしたが、今日は調子も宜しいようで『イカミンチ』で一杯だそうです。



皮を剥いだせいか、油ハネが少なく揚げやすかったです。そしてうんまかったです。

                               〜M〜

 
| 自然 | 22:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
西高東低
「冬が近づいて来てるな」、と思わないでいられない様な風と雨。太平洋側は晴れてるそうで、今日の気圧配置は正しく冬型。

早目に紅葉しだす山桜はすでに散り出し木はすかすか、歩道や屋根は綺麗な秋色に変わっていきます。



う〜ん、屋根の上の葉っぱ、思ったようには写せませんですね。でも晩秋は伝わりますか?

そして『いちじく』の報告を少々。やはり鳥に食べられたく無い、と昨朝にちょっと無理してもぎ取りました。



やはり大丈夫そうと思った1個は、表皮に触るとペタペタして全体に柔らかく熟してる感じ。残り2個は軸を中心に硬さがありました。

食べて見て、案の定!その通り!

生のいちじくは初めて食べたのでもちろんですが、外に「もいで」すぐ食べられるものがあるのは何につけ嬉しいです。

「もぐ」ことを「ちぎる」と言う知人が居るのですが、「ちぎる」もいい言葉だなと思います。

                                               〜M〜
| 自然 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
8月31日
朝の雨が嘘のように青空が広がった午後。





日差しは強いけれど、風爽やか。雲の形はぐんぐん変わっていきます。

あっちから見たらもっとよく見えるとか、こっちの屋根だと尚いいかもとか、ウロウロしたりもしてます。

ですが、ちゃんと仕事もしています。



パン皿の制作中、一枚作るのに必要なだけの土を一個づつ壺板にのせ一枚づつロクロで引いて作ります。

水引き直後は直径25cm、素焼き後で22.5cm、本焼き後で21cmの仕上がり。

径、深さ、花入れの口、カップのハンドル、どれもこれも全て2割弱縮みます。

出来上がりを想像し、逆算して大きく作るのですがこれがなかなか手ごわい時もあり、「あら!」となる時もたま〜にあります。

                                      〜M〜
 
| 自然 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
あぶらむし
暑い日が続きます。



暑さで枯れたわけではなくアブラムシのせいで家の梅が一部こんな状態です。

写真の部分は特に酷い箇所、カリアゲクンになってしまい実だけが目立ちます。



平年並に花が咲き、平年より豊作かと見ていた梅ですが、5月頃から葉が少ないことに気付き

実が多いから葉が少なく感じるのかと、阿呆な考えで過ごした1ヶ月。

先日よくよく見ると縮れた葉の辺りにびっしりアブラムシが付いているのです。

農薬が効くようですが実は梅ジュースや梅酒に使いたいので使用しないことに。

梅のことを考えると農薬使ってでも退治したほうが樹のためかもしれませんが。

私は梅の実が欲しいのです!

自己中心的な考えですみません。

結局ホースで水を強く当てアブラムシを落としてみることに。

まだ水をかけて数日ですが少し効果がありそう。



今日見てみると天道虫の幼虫がたくさんいてアブラムシ食べてます。

農薬は使わなかったのですが仮に使った場合、天道虫には影響がないのか疑問です。

                                     〜Y〜
| 自然 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
山桜
久しぶりに連休中に咲き出しました、敷地の桜は今日が見頃です。





野鳥の森側は明日か明後日にはピークを向かえると思います。

春色に萌える景色をご覧になりたい方にお知らせです。

ジャスコの交差点を東方向に進み、600メートルほどの地点からぐるりと辺りをゆっくり眺めて下さい。




さて4月の29日から始まった「三温窯の皿・鉢 展」ですが三日目になりました。

連日たくさんのお客様に来場いただきありがとうございます。



まだまだ開催中です。お待ちしております。

                         〜M〜
 
| 自然 | 10:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
今一度、こぶし。
しつっこいと思いますが、こぶしのアップです。本当に生菓子のように見えませんか?



こぶし、こぶしと言ってましたが、心の奥底に和菓子が潜んでいるのを知られてしまったかのように、

昨日現われたんです、お土産に和菓子を携えた方がこぶしを眺めに…です。



ジャンケンで勝った人から好きなのを頂いたのですが、右から2番目には「よぉ!志茂田景樹ふう!」と声が掛かりました。

? ? なるほどなぁ、あくまでもカラーからの思いつきですから。悪しからず.

楽しく美味しいお茶時間でしたどうもありがとう、ご馳走様でした。
                                      〜M〜
 
| 自然 | 22:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
辛夷
予想どうり、咲きだしました。二つの開花です。





幼葉が伸び、苞が一枚落ちて螺旋状の花びらがグーンと背伸びをする。そして生菓子のような花が咲きました。

                                       〜M 〜

 
| 自然 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
こぶし
小さな畑に覆いかぶさるように大きくなってしまった辛夷の枝が、思い切りよく刈り込められました。

その中から花芽がついているのを何本か集めて花瓶に挿し、日当たりが良く暖かな南の窓辺に置きました。

温室のような暖かさに硬かった蕾がいっさんに膨らみ、あっ!というまに毛皮のような苞の間から柔らかな薄黄緑の小さな葉っぱが顔を出しました。



夜には苞の一枚が落ちて白い部分がチラリと見えます、明日には咲き出すかもしれません。

                                         〜M~



 
| 自然 | 21:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
つらら
   

  

  

  上にあがる熱気で屋根の雪がどんどん溶け出し

  つららが伸びる、伸びる。

  
  

  
  








         〜M〜
  

  
| 自然 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール