〜窯屋の窓辺〜

「三温窯」より、うつわと暮らす日々。
ゆきふり

県南は大雪ですが、当地は昨年に比べ雪量は少なく気温もさほど下がってはいませんが毎日のように降り続く雪。

気が向いたように、ほんの数時間青空が覗いたり冴え冴えとした月夜もたま〜にありますが、ほとんどは曇り空か雪マークの毎日です。



今日の日中は風もあまり無いのに、ただただパフパフと降る雪で500メートル先が見えず、路肩と雪の境が判らなくおっかなかったです。

                                                 〜M〜
 

| 自然 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
珍しいかも
工房のストーブに使う薪についてきたコカマキリ。

外に逃がそうと持ってみると少し緑がかっています。

くすんだ茶色の個体はよく見かけますが緑色のは見たことなく、しげしげと眺めてしまいました。



胸と脚はのあたりは茶色が混ざった様な緑ですが、ほかはウスタビガの繭のような淡い緑色。

インターネットで検索してみたところ本当に濃い緑色のコカマキリの写真もあり、一つ勉強になりました。

ちなみにこの周辺でオオカマキリは茶色と緑色の個体が半々ぐらいで見かけます。

もしかしたらコカマキリも個体は少なくとも緑になる可能性があるのですが、

ただ単に「緑の割合が少ない」ということなのでは?と感じさせられました。

                                                                〜Y〜
| 自然 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
屋根の上から
 晴天 5日目、を期待してました。こんな天気をです。
  




   ところが今日は朝から怪しげな雲がどんどんと

   西の空から押し寄せとうとう午前中に

   雨が降り出してしまいました。

   今日は晴れてほしかった!

   何故かと言いますと「ペンキ塗り」の最中なのです。

   雨のコロコロも終わり、それ!今だ!と

   始めたのですが下塗りやその他モロモロの為、予定より一日遅れました。

   予定より遅れるのはよくあることなので構わないのですが

   天気は持ってくれませんでした。





昨日までの上天気、屋根の上はとても暑く「梅ジュース」がことのほか美味く、夕食時の一杯目のビールはもっと美味いそうで、
「プッファー!」を合図に食事開始です。 明日は朝から晴れてほしいものです。

                                                 〜M〜  
  
| 自然 | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
観察
観察しましょう、秋の気配が濃くひんやりした日のひきがえる。



何を思うか、ひきがえる。


  

嫌いな方にはゴメンナサイ、そういう自分もそんなに好きなわけではないけれど観察するのは好きなんです。

大きさは中学生の握りこぶしほど、年齢性別は判らないが色艶からすると若いらしい。

人間と違い長く生きてるものはそれなりに成長し続けるそうだ。

自然界で10年前後の寿命、飼育されていたのは30年という記録もあるそうでどんな大きさだったんだろうか。

暮らしぶりはおっとりと優雅で良い具合に適当で、ガツガツ餌取りに励むでもなくちょっと羨ましい気もする。

しかし生後1年目は生存率がとても低く、色々な生き物の餌になるのが大半。2年目にはグッと大きくなり生存率も高くなるそうだ。

3年過ぎれば優雅な暮らしぶりも身につき、大きな移動も少ないらしいので毎年同じような場所で見かけたのは同じひきがえるの可能性ありだそうです。

                                                    〜M〜
| 自然 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋海棠

あまり増えても大変なので鉢植えにしてメタセコイアの根元においてある秋海棠、

家屋の北側やジメッとしたとこが好みらしいですが朝日の当たる場所で気持ち良さそうに揺れたりします。




秋海棠の前を通る緩い下り坂(洗濯物を干しによく通るのでケモノ道と言われる時もあり??)、

こぶしと桜の木陰が広がり夏の早朝は下から吹き揚げる風がとても気持ちのいい場所です。

                                                 〜M〜

| 自然 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
 朝、雨の音で眼を覚ました。その後も時折バラバラと音をたてて強い雨が降ってくる。

日が短くなったなと思うこの頃、今日の雨にはなお暗くなるのが早く感じさせられるでしょう。



陽射しは去年ほどギラギラしてないし、ゴーヤもこれ以上は大きくはなれそうにもない。

トマトもまだまだ青い実がたくさんついているけれど赤くなれないかも、と思いながらコーヒー片手に雨の午後。
              
                                                    〜M〜
| 自然 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
カマキリおりゅう
 洗面所の掃除中、網戸の上を音も立てず移動するカマキリと眼が合う。

立ち止まった格好が、「アンタ、何ミテンノヨ」と言わんばかりの感じ。



名前は、多分「おりゅう」と仲間ウチでは呼ばれているのでは・・・と思わせる雰囲気アリ。

…と、後ろから覗いたウチの虫ボーイ曰く「これオスだと思うよ」と一言。

思い込みはオソロシイ、聞こえるはずの無い言葉まで聞こえてしまうのだから・・・。

                                                    〜M〜
| 自然 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
昨日の夕方

特に何事もないのですが、昨日の夕方の写真です。


家のメタセコイアに登って撮った男鹿半島方向。

八郎潟残存湖と大潟村の一部も見えます、国道285号も7号も見えます。

昨日金曜日は空気が澄んでいたのか午前中は特に遠くのものまで見えました。

風も涼しく過ごしやすい日が続くことを願います。

                                                      〜Y〜
| 自然 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
夕景
今日も上天気、近くの交差点から山と山の隙間に鳥海山の頭がわずかですが見えます。 

晴天に誘われるように外で夕ご飯が食べたいと思いつつ実行できずにいましたが、今夕は外で食べるべく大急ぎで弁当をこしらえました。



外とは外食をさすのでは無く家の外という意味、そして少し移動できれば尚ありがたい、と夕方のドライブに。

鳥海山も夕日も見たいとなれば寒風山しかありません。急ぎました。







鳥海山は肉眼では薄っすらと見えたのですがカメラには写せませんでした。

漁火がチラチラ見え出し、帰る頃には大きくはっきり見えました。

                                                〜M〜
| 自然 | 08:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
コアニチドリ
 昨年は失敗!咲きませんでした。今年は咲く寸前のを譲って貰ったのでうまい具合に咲きました。

小さい花で近づくとボンヤリして見えない、かと言って離れ過ぎるともっと見えづらく、全くもって老眼はやっかい不便です。



小さいながらランの特徴をしっかり持った1センチ未満の可憐なかわいらしい花です。

それにしてもここ数日の暑さは変。

先ほど立ち寄られたお客さんは十和田方面へ竹の子採りに行ったけれど何も採れなかったので、手ぶらで帰る訳にもいかず発荷峠で買ったと話してました。

雨が降らない為、品薄で値も高いそうです。

どんな夏になるのか今から気がかり、暑くなるんだろうか、ほどほどに願いたいものです。

                                                     〜M〜
| 自然 | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
     
最近の記事
カテゴリー
月別の記事
最近のコメント
モバイル
qrcode
プロフィール